流行バズ

アクセスカウンタ

zoom RSS 風水インテリアの歴史

<<   作成日時 : 2007/06/13 22:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

風水インテリアという言葉を見たり聞いたりすること、今では当たり前ですね。笑顔の怪しいドクターコパなんて方も有名ですね。一時期はうんざりするほど(失礼!)毎日お見かけしました。風水インテリアとは一戸建ての間取り、屋内やマンションの室内のインテリアを風水に従って配置することでその空間の気の流れを改善しようというものです。


風水インテリアは古代中国で生まれた風水術にしたがって家具の色や配置、間取りの工夫することでよい運勢を作り出すものです。では、そもそも風水とは何でしょうか?


風水とは歴史を省みて国家や都市の栄枯盛衰を見たときに風水、つまり地形や方角に共通点を見出し、地勢や方角がその国や都市に及ぼす影響についてまとめた学問です。


古代中国の経験に裏付けられた学問である風水ですが、これを町に、都市に応用するのは平安京の時代ならいざ知らず、人口過密の日本では不可能に近い話です。


風水インテリアは狭い現代都市、香港や日本で暮らす人々の運気を、家や部屋単位で何とか改善しようという風水術の現代への応用方法なのです。


風水は運気を呼ぶための学問です。人は固有の運気と言うものを生まれ持っています、その運気を良くする、それに影響を強く及ぼす生活環境を風水の考え方にのっとったインテリア配置でよくしようというわけですね。


具体的な例に触れる前に、風水の基本の考え方である五行について知っておいた方がいいでしょう。風水インテリア配置の意味を自分でも理解できるのでよいと思います。


個人に運気があるように、家具にもそれぞれの運気があります。そしてその用途によってこれがまた異なるのです。五行では万物が木(もく)、火(か)、土(ど)、金(きん)、水(すい)の五つに分類するのですが、家具もこれに従って分類して考えます。


風水の基本である家の方位や間取り、そして四季折々の考え方、それらにしたがって、家具の配置を考える上で五行のバランスを取るわけですが、使っていない家具などの運気も家の風水に影響を与えることを忘れないでくださいね。


風水インテリアのことが気に食わない人の中に、その根拠がわからないという人がいます。五行の考え方の根拠は何だといわれても、これは経験を分析したもので、理屈は後付でしかないのが実際です。


風水インテリアにしたがって部屋の家具を調えた人が慢性のけだるさや咳から開放されたケースでは、その配置にする前にはベッドの下にたくさんのカビが発生していてそれが病気の元だったのが、環境改善でよくなったという報告があります。


風水インテリアで住まいが運気最高になったら、その運気を最大限に取り込むためにあなた自身も前向きな気持ちを持ってください。風水インテリアは前向きで積極的な気持ちを維持してくれるのとても効果的です。それでこそ風水インテリアは本領を発揮できるのです。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
風水インテリアの歴史 流行バズ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる